石垣島でのダイビング

数ある沖縄のダイビングスポットで一番人気は石垣島です。

gre
大きく分けて三つのエリアがありますが、中でも川平エリアが人気があります。
川平湾から岬の周囲のいたるところに見どころがあります。
川平エリアには川平石崎マンタスクランブルというスポットがあり、憧れのマンタと水中ランデブーも可能です。シーズンは1年中ですが、中でも7~11月頃がピークで、マンタとの遭遇率は90%以上、世界でも屈指の確立です。運が良ければマンタの群れにも遭遇できます。川平エリアはほどんどのスポットまで船で5~10分で着けるため船酔いの心配もありません。

石垣市街エリアからは、石垣島と西表島の間にある石西礁湖と呼ばれる離島周辺が人気です。
小浜島、竹富島、黒島といった離島が多く、特にサンゴが美しく、まるで竜宮城の世界。
イソマグロなどの大型魚も観察することができます。

北部周辺エリアからはマンタスポットへも足を伸ばせるほか、太平洋側へも向かえ、透明度の高い海 を楽しめます。
浅場でもテーブルサンゴが埋め尽くされ、熱帯魚も多く十分楽しめるのが魅力です。
3エリアともダイビングショップがありますので、行きたいエリアを決めて事前に予約していきましょう。

無人島での体験ダイビング

jtdj
沖縄には魅力的なダイビングポイントが無数にありますが、やはり行ってみたいのが無人島。日頃、東京の雑踏にもみくちゃにされた
心身を癒すには、無人島は夢舞台です。そのような場所でダイビングができれば最高です。

調べてみるとそんな夢舞台が沖縄にあります。
それも沖縄本島から僅か20分で行ける無人島は、半日の時間があればダイビングを楽しむことができます。
ダイビングの経験が無い人でも事前予約しておけば格安で体験ダイビングができるので、エメラルド色に輝く透き通るような海で、サンゴ礁とカラフルな魚の群れと戯れることができます。

■沖縄ダイビング・シュノーケリング予約
http://xn--eckya9b6d1ho13pw75btq1aw4b.jp/

那覇市内から送迎無料のサービスがあり、午前8時台の船便で無人島まで約20分。その間にインストラクターからダイビングに関する説明を聞き、大海原の絶景を楽しみながらあっと言う間に現地に到着。
ダイビングポイントにつくとインストラクターからダイビング機材について説明があり、準備運動。機材の装着海水になれるように
呼吸の練習を繰り返します。
もうこの頃になると、気持ちは既に海の中。胸がキュンとした気持ちになります。
kudcfhska
用意されたロープにつかまり海の中をゆっくり潜っていきます。海の魚たちは慣れているのか、仲間と思っているのか、色とりどりの
魚たちが信じられないくらい直ぐ目の前に寄ってきて歓迎してくれます。
もうこの頃になると、気持ちの余裕もできてくるので、海中を思う存分楽しむことができます 。これなら、泳げなくとも、初めての体験でも全く問題ないと確信しました。
夢舞台での体験ダイビングを終え、そのまま帰ると那覇市内には13時台に帰ることができます。

更新情報