パニックが失敗の元

今でこそダイビングは慣れたものですが、初心者の頃の恥ずかしい失敗は数多くあります。
フィンでバディを蹴ってしまった時は大事にならなくて本当に良かった。また、オクトパスを使った時は、なぜかレギュレータークリアを忘れてパニックになってしまって、バディから「バカ!レギュクリアしろ!」とボードに書かれました。我に返ると、周りで友達たちがゲラゲラ笑って恥ずかしかった・・・。
また、笑えつつもひやっとした体験もありますね。
潜降していた時に結構深い所に入ったら耳が痛くなりました。耳抜きをしたけど全然抜けない。水中での耳抜きは結構苦手なんです。
仕方が無いから一旦あがって耳抜きしようと思った時に、なぜか無意識にBCにエアを入れてしまった。当然体は急浮上していきます。
ガイドさんが急いで捕まえてくれたんですが、今度はその勢いでレギュが外れてしまって大パニック!息が出来ないと、早く水から顔を出したくなります。
急浮上の事もすっかり頭から消えうせて、とにかくもがきまくってしまいました。暴れまくる僕を見かねて、周りの人達が体を抑えつつオクトパスを使わせてくれて無事で済みましたが、ガイドさんや他の方に本当に大迷惑を掛けてしまいました。
そう思うと僕の場合、水の中での失敗はパニックが原因で起きる事が多いみたいです。今は慎重になったけれど、油断しない様にしなければいけませんね。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »